出会い系サイトで女性に気持ちよく会話をさせる

出会い系サイトでも「5WlH」で話は広がる!
ドンドン活用していきましょう!
もちろん、挨拶だけでは出会い系サイトで恋愛に発展しません。
挨拶に慣れてきたら、次の行動に移る必要があります。
その行動は「会話を広げる」という行動です。
挨拶で会話のキッカケをつかんだら、次は会話の内容を作っていきます。
話を広げていくのです。
話を広げるには、まず、相手の女性の趣味や考えを聞くことから始めます。
出会い系サイトで大事なのは「相手を知ること」。
これがいちばん重要です。
本当に大切なことなので覚えておいてください。
会話を失敗する男性の話し方の特徴として、「自分の話をする」ことが挙げられます。
相手のことを知ろうとするより、自分を知ってもらおうと自己PRばかりしてしまうのです。
ところが女性は、「自分のことを知ってもらいたい」とわりと強く思う生き物。
そのため、女性のことを知ろうとしなければ、会話がうまく回りません。
相手に興味を持ち、いろいろ問いてあげること。
それが女性との会話で必要な姿勢です。
面白い話をしたり、話を変に盛り上げたりする必要はありません。
出会い系サイトパーティーで女性と話す場合は、「どちらからいらっしゃったんですか?」といった質問を、セミナーで隣になった女性と話す場合は、「このセミナーに関係するお仕事をなさっているのですか?」というような質問をするとよいでしょう。
相手が答えを返してきたら、次はその答えを広げるような質問をするのがポイントです。
「どちらからいらっしゃったんですか?」の質問に「埼玉から来ました」と答えがきた場合、「そうですか」だけでは、会話は終了してしまいます。
「埼玉なんですね。僕は行ったことがないんですけど、友達がいますよ。埼玉のどちらですか?」などと、会話を掘り下げていきましょう。
出会い系サイトで会話を掘り下げる簡単な方法があります。
「5WlH」です。
「Who(誰がと「What(何をと「When(いつと「Where(どこでと「Why(なぜと「How(どのようにしてとを上手に使って質問していきましょう。「埼玉から来ました」と答えがきたのなら、「どなた(誰)かと一緒に来られたんですか?」
「仕事の後でいらしたんですか?」「電車で来たんですか?」などと、5WlHを使って質問を返していくと、話を広げることができます。
最初はぎこちない会話になるでしょうが、初対面同士なのですから、当然のこと。
そのうち相手が話に乗ってきたら、後は聞き手に回ればOKです。

最新出会い情報速報!

キャサリン妃、新しい命との出会い!